スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

実はいろいろ塗ってます

2009/06/26 01:21 

天井塗りを終え、なんだか一段落・・・と言う感じのVanillaです。

とにかく重い色が苦手なので、茶色の木部が視界に入らなくなったことで色彩的なストレスがかなり減りました。

そこで今気になっているものは・・・・・・

例の鏡。旧和室のペイント記事でしつこいほど写りこんでいた鏡です。

003 (3)-2-2

この子ちゃん。
木部をペイントして白いお部屋にしたら、なんだか浮きまくりになったこの子ちゃん。

しかもビニールシートの上にマスキングテープ付きでごろんと転がすと、さらに冴えないこの子ちゃん 笑。

これは私がかれこれ高校生の頃からドレッサー代わりに使っていた鏡なのです。

だから結婚してもお引っ越ししても新しいお家で浮きまくっても、愛着のある子なので手放せません
(単に貧乏という説も無きにしも非ず・・・笑)

そこで・・・・・・・

ビニールシートが何を意味するかおわかりでしょう 笑。

塗りました。ええ、愛着のあるお顔を塗るのもいかがなものか、と思いつつもえいやっ!と塗りました~。


もともとイタリア製のアンティークな感じの鏡だったので、まずは刷毛目を残してさっと表面をラフな感じに白くペイント。

次に紙やすりで角や縁をやすりがけしていきます。

009 (6)-2-2

008-2-2.jpg
するとこんな表情に・・・・・

もともとの縁の色はゴールドだったので、ゴールドやさらにその下地の木の茶色がうっすら見えてきます。

花柄の部分は輸入壁紙のような立体的な油彩ペイントのようになっていたので、うっすらとエンボスのように立体感が残りました。


で、全体像はこんな感じです。
007-22.jpg
いかがでしょうか?

真っ白ではなくて元々の色を透過したような仕上がりになりました。

ちょっと雰囲気が変わって白でまとめた空間に馴染むと思うのですが・・・
(鏡に映ったリビングのごちゃごちゃはお許しくださいな。双子姫との戦いの跡でございます 笑)

そうそう、引きの写真を撮るの忘れてましたが、鏡の下のラタンのチェスト、これも私が実家から持ってきたもの。

これと鏡のワンセットでドレッサーとして使っていました。(今は子供の物ばかり入ってますが)

そしてこのチェストも昔若かりし頃、暇を持て余してアイボリーにペイントしたのでした。

今はだいぶ剥げていい味が出てきたんだけど、実はラタンの灰汁が浮いてきたのかかなり黄味がかってきたので、またホワイト系のお色に塗りなおそうか考え中です。

・・・・っていうか、ほんと貧乏性で家具って捨てられないのよねぇ 苦笑。

異様に物持ちの良いVanillaでした~。


さてさて、次は・・・・・・
016-2-2.jpg
こんなペイントも同時進行しています☆
これなーんだ?



最近、可愛い服よりもコスメよりもなによりもシャーウィンウイリアムスのペンキが欲しい、乙女要素ゼロのVanillaです 笑。
フレンチ・ナチュラルインテリアランキング参加しています☆クリックで応援お願いします!!
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


*****************************************************************************
オススメザッカ
  
見るだけでうっとりのアンティークドア☆目の保養にどうぞ 笑
左のプラムクリークの物はアンティーク加工なのでお値段はお手頃になってますよ~











スポンサーサイト

テーマ : 家具・インテリア - ジャンル : ライフ

リビングComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。