スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

漆喰の良さ

2009/06/10 23:20 

雨ですね~。

毎年梅雨は体調を崩したりちょっとつらい時期です。

双子姫も家の中だけでは鬱憤がたまるのか、いたずら&ぐずりの波状攻撃でございます・・・


そうそう、タイトルの「漆喰の良さ」、やっぱり雨が降るとものすごく実感します。

とにかく調湿機能がすごくて、雨の日には適度に湿気を吸い、晴れた日にはまた適度に湿気を放出してくれます。

なので雨でも家の中はじめじめせずに快適。床もサラッとしています。

あと、生活臭(さまざまな匂いが入り混じったその家特有の匂いですね)を吸収してくれたり、

ホルムアルデヒドなどの有害物質も吸収してくれるとか。

私自身、少しアレルギーがあって軽い喘息や鼻炎がひどいことがあるのですが、引っ越してから漆喰のおかげか、あまりアレルギー症状に悩まなくなりました。



以前住んでいた賃貸マンションは、退去時で築4年の真新しいマンションでした。

でも、床はクッションフロア、壁はビニールクロス張りという賃貸によくある材質だったので、

梅雨時と冬場の結露はものすごいものがありました。

梅雨は床といい壁といい、なんとなくべたべたして、

冬場は特に窓を閉め切って寝るせいか、よく寝汗をかく子供のお布団の下は結露しまくりでした。

結果、初めての冬は余り対策を練らなかったため、敢え無く敷き布団にカビが・・・・・

本当にショックで、すぐに布団の下に敷く除湿剤を買って対応しましたが・・・

まったく吸湿の機能を持たないビニールクロスやクッションフロアに、なんだか疑問を覚えました。

体に良くないんじゃないの?なんだかアレルギーもひどくなった気がするし・・・・

自分が住んでいる家のほとんどがケミカルな素材、というのはなんだか気持の悪いもので、

一刻も早く引っ越して、できれば自然素材の壁材や床材の家がいい!と思うようになりました。




そして・・・・

購入した家は結果的に中古マンションなので、実際は「自然素材の家」というわけではないんですが、

とりあえず私たち夫婦の強い希望で壁は漆喰塗にしてもらいました。

でも、あんまり漆喰だけでは面白くないし、コストもかなりかかるので、

玄関からの廊下とリビング、リビングと一体化した旧和室のみを漆喰にして、あとは壁紙で遊ぶことにしたのです。

漆喰に比べて壁紙のコストは1/2程度なので、漆喰をぬる部屋を減らしたのはかなりのコストダウン。

006 (3)-2
リビングのドアに続く壁です。うろこ状のコテ跡を残して塗ってもらいました☆

アップでみるとこんな感じ。
004 (3)-2

コテ跡、わかります~?
しかし2枚連続でナナメな写真でスイマセン・・・




そしてさらにコストダウンの裏ワザ(笑)も。





実は・・・・・・


廊下とリビング・旧和室の天井は漆喰ではないんです 笑。

微妙かも・・・と心配しつつも漆喰風壁紙で仕上げてもらいました。

(あ、あとキッチンも汚れ対策のために漆喰風壁紙にしました~お手入れ楽ちんです☆)

これはね、意外にすごいコストダウンでした~!!

天井って結構面積あるのねぇ。と、見積もりを見てしみじみ 笑。

でも大工さんの腕か、私の目が悪いせいか、とりあえずホンモノの漆喰塗の壁部分と〝漆喰風"壁紙の部分では、あまり違和感はありません。

015-2.jpg
梁の部分なので少し画像に影ができてますが・・・
上の部分が゛漆喰風″壁紙、下の部分がホンモノの漆喰です。
肉眼で見ても一見違いはあまりないのよね。ちょっと塗り方変えてあるかな、ってくらいです。
お客さんにもそう言われるので触ってみないと漆喰か壁紙かわからないのだと思います。

壁部分の漆喰だけでもこの調湿機能。漆喰なかなかいい仕事してくれます☆


おまけの写真を・・・・笑

012 (3)-2
壁の写真を撮ってたら「あたしもとってぇ~」と双子姫にせがまれました 笑。
パジャマなんですけど・・・・・失礼しました 笑。


ランキング参加しています☆クリックで応援お願いします!!
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

*****************************************************************************

++オススメザッカ++
  
真ん中のコントワール・デュ・ファミーユのティンボックスは、今私がかなり欲しいアイテムです 笑






スポンサーサイト

テーマ : インテリア - ジャンル : 趣味・実用

リビングComment(1)Trackback(0) | Top ▲

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


No:3 2009/06/13 01:56 | #[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。