スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

続・セリアジュエリーBOXリメイク ~クラッキング塗装の方法~

2010/07/12 11:43 

前回日記の続編です。

セリアで買ったジュエリーボックスのリメイクですが・・・
004_20100712110145.jpg
お昼間の自然光で見ると、ちょっと雰囲気が変わります・・・

ディスプレイも変えてるので当たり前なんですが 笑。

で、何を入れようかなぁ・・・。あまり考えずに買ったのよね。


それよりも何よりも、クラッキング塗装の方法です。

多分、気になってた方多いんじゃないかな?(そんなこと無いかな?みんな気にならないかな? 苦笑)

ポイントがいくつかあるのですが・・・ていうか説明が下手かもしれませんが・・・


まず、下地には油性の塗料を使います。油性ペンキとかステインとか。

次に、その上から(必ずよく乾かして!)水性糊を刷毛で塗ります。“あるもの”とは糊の事だったんですね。

この水性糊がポイントです。スティック糊じゃダメですよ~。

で、糊が乾くか乾かないか、指で触るとぺたっと吸いつくような感覚になったら・・・

すかさず水性塗料で仕上げ塗りします。この時、糊が乾いてしまっているとクラックしませんのでタイミングに注意して素早く。

仕上げ塗りは1度で決めましょう。2度塗り厳禁です。塗ってるそばからクラックしてきますから。

さらに、刷毛を動かす方向を一定にして、絶対に往復させないこと。・・・いや、絶対ではないけど、往復させるとクラックがうまく出ません。

刷毛を動かす方向にクラックの筋ができていくので、縦に筋目を出したいか、それとも横に筋目を出したいか最初にイメージを作っておくといいと思います。

あと、これはまだ私もコツとしてお教えするほどよく判らないのですが、多分、仕上げの水性ペンキが厚い部分ほど大きなクラックが起きて、薄い部分ほど細かいクラックになってるのかな・・・と思います。

それと・・・水性ペンキを塗る時にゆっくり丁寧にムラが出ないように塗ってしまうと、糊とペンキが混じり合ってしまって、マーブルのようになってやはりクラックがうまく出ません。

特に・・・
009_20100712110145.jpg
これが私の塗ったコルクの中敷き部分のアップですけど・・・

4隅がぼやけてるのわかりますか?これは刷毛で無意識に糊とペンキを混ぜてしまったためだと思われます。

隅は糊が溜まって乾きにくくなっているので、中央とは時間差を付けて水性ペンキを塗った方がいいのかな。

隅をどう塗るか・・・難しいですけどこれからの課題かもしれません・・・大げさ? 笑。


・・・ざっとこんな感じですけど、わかりましたでしょうか?

もしもうちょっと聞きたい!って方がおられましたら遠慮なくコメントください~。

私もあといくつか試し塗りしてコツをつかんでみようかな。気温とか湿度によっても仕上がりが違いそうだし。

次は下地にアイボリー、仕上げにベビーブルーとか、下地:ライトグレー、仕上げ:ラベンダーとか、パステルな組み合わせも可愛いな☆と妄想中です。

ぜひぜひ箱モノとか額縁とか、雑貨リメイクにお役立てくださいな♪


Vanillaは・・・・
007_20100712110145.jpg
チェストの上にズラリと並べて楽しんでおりました~
(鏡の中ぐちゃぐちゃでごめんね 苦笑)



こんなVanilla家にクリックで応援してください☆
フレンチ・ナチュラルインテリア・ナチュラルライフランキング参加しています!☆
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


****************************************************************
☆キニナルモノ☆
  
ジャンルバラバラ・・・笑。アンティークで優しい色やデザインが好きです☆ ネグリンのマグネットはため息が出るほど綺麗ですよ~



スポンサーサイト

テーマ : **暮らしを楽しむ** - ジャンル : ライフ

雑貨作りComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。