スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

ペイントの記憶・・・家具の記憶・・・家の記憶・・・

2010/07/15 09:45 

ドア枠のペイントをしながら・・・・

ふと「初めてペンキを塗ったのはいつだったっけ?」と思い返してみました。

ちょうど10年くらい前に、自分の部屋の机をアイボリーで塗ったのが最初だったと思います。

002_20100714123547.jpg
この机。小学生の時からずっとこの机で勉強したり本を読んだりしてました。

元は合板のダークブラウンの渋い机で、今思うと、なぜ両親はこんなに大人っぽい机を私達兄弟に買い与えたんだろうと、少し不思議な気もします。

思い返せば・・・・キャラクターものとか、パステルカラーとか、プラスチック製の家具やカラーボックスの類は家には無くて、子供部屋のおもちゃ箱兼のラックは父の手作りで、白い棚に真っ赤な抽斗の、絵本に出てきそうなレトロシックなものでした。

ダイニングテーブルもダークブラウンの籐の、精緻な編みと曲線が綺麗な脚に大きなガラスの天板が乗ったもの。椅子はお揃いの籐のアームチェア、もう何度も張り替えてますが、当初の座面の生地はネップの入ったアイボリーだったと思います。

母のドレッサーは幅150cmはある大きなもので、デコラティブな飾り彫りが美しいレトロなものです。

今思い出すと家中がかなりシックな色でまとめたインテリアだったんですね。

決してお金持ちではないけど、家具だけはいいものを、できるだけ天然素材の物を、というのが両親の信条のようです。

それを無意識に受け継いでか、私も結婚する時に家具は天然素材の物にこだわりました。

今はお洒落な雰囲気とは程遠い実家ですが、それでも今なお自分にとっては「現在の自分の好み」のエッセンスが凝縮されているような気がします。

003_20100714123547.jpg
いろいろと実家の家具を思い出すといろんな記憶がよみがえるように、私の机にもいろんな傷が刻み込まれています。

天板はだいぶペイントが傷んできていますが、それは大学時代に苦労したフランス語やラテン語の辞書の痕だったり、ワンピースを作ろうと思って、苦手なミシンを引き摺ってできてしまった痕だったり・・・一見汚いのですが、一つ一つ思い出すと懐かしさがこみ上げてくるものばかりです。

ペイントの記憶をたどると、家具の記憶や、ひいては自分のルーツになるような家の記憶までさまざま思い出されるんですね。

004_20100714123547.jpg
これもまた私が子供のころから使っていたラタンのチェスト。これが2番目にペイントした家具です。

子供時代には服を収納していて、自分でうまくコーディネイトした時に「おしゃれさんね~」と母に褒められたのを思い出しました。

年頃になると・・・抽斗の中は化粧品だらけ。上に鏡を載せてドレッサー代わりに。登校の前も出勤の前も、デートの前も、いつも自分の最後のチェックの場となったのがこのチェストの前でした。

子供が生まれてからはおむつやベビーベッド用シーツの収納場所として活躍しました。

子供達もおむつが取れて・・・今は子供の下着と捨てられないはぎれがたくさん収納されています。

ペイントして10年経つと・・・
006_20100714123546.jpg
自然な擦れや剥がれが。

007_20100714123546.jpg
天板にも味のようなものが出てきます。

長年使いこんだもの、古いだけの家具、傷みがあるのになぜか手放せません。

それはいろんな記憶が込められているから・・・かな。

それともただの貧乏症かしら・・・?



今日は綺麗な写真も無く、独り言のような日記でしたが・・・

読んでくださった方もぜひ、懐かしい家具の記憶や家の記憶、思いをはせてみてください。



こんなVanilla家にクリックで応援してください☆
フレンチ・ナチュラルインテリア・ナチュラルライフランキング参加しています!☆
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


****************************************************************
☆キニナルモノ☆

今度家具を塗る時は、こんな風に素敵な風合いが出せたらいいんですけど・・・・アンティーキングってセンスが必要ですね~ 苦笑。


スポンサーサイト

テーマ : **暮らしを楽しむ** - ジャンル : ライフ

未分類Comment(6)Trackback(0) | Top ▲

コメント

スゴイ!

私のブログにコメいただいたので、私もお邪魔させて頂きました♪
いやぁ~!すっごい素敵なお宅!
趣味が統一されていて、すっきりキレイにまとめられていて、我が家のミックステイスト(格好よく言えば^^;実際はごちゃごちゃ)のインテリアとは大違いです。
こんな可愛いお家なら、双子姫ちゃんもご満悦ですね^^(まだ分からないか~)
DIYも本格的にされていて、とっても参考になります。
私の方こそいろいろと参考にさせてくださいね♪


No:72 2010/07/15 11:23 | Les Deux Poires #4jeLTJQMURL編集 ]

こんにちは♪

Vanillaさんはものをとても大切にされているんだなぁと実感いたしました!しかもきれい!
センスの良さはご両親譲りなんですねー。
質のよいものを、大切に、という信条はきっと双子姫たちにも刻み込まれるのではないでしょうか☆
とっても素敵なことです!!

家具ではないですが、洋服やバッグ、小物なんかがわたしは捨てられないです。ハンカチとかって全然傷まないし、子供の頃のものとかまだ引き出しに入ってます(笑) ちょっと違う??
バッグとか「あの時買ってもらった」とか、それぞれに思い出があったりして。

わたしもこれから選ぶ家具にはこだわってみようかな、と思いました♪♪


No:73 2010/07/15 16:59 | みと #-URL編集 ]

Re: Les Deux Poiresさんへ

こんばんは、こちらこそご訪問&コメントありがとうございます☆
こんな殺風景な家をステキと言っていただいて恐縮・・・でもとっても嬉しいです!
しかし・・・双子の結構な破壊活動のお陰でカーテンがボロボロだったり、床は傷だらけだったり・・・
見えない所は凄いです 苦笑。
すっきりしているのは破壊活動の被害を最小限に食い止めるため・・・だったりします 笑。
(目につくところに物を出しておくと、すぐひったくって壊されますので 苦笑)
LESさんのお家はステキな手作り雑貨がいっぱいで温かい感じで憧れます☆
いつも「このアイデアはどこから出てくるの?」って感心しながら読ませていただいてます。
双子君達ものびのびした感じで、ブログからも良いママの雰囲気がにじみ出ていて、先輩ママとしても本当に尊敬です。
(双子君が2,3歳の頃って大変じゃなかったですか?私は正直、毎日怒ってばかりで嫌になります 苦笑)
こちらこそまた遊びに行かせてください。って言うか入り浸らせてください 笑。


No:74 2010/07/16 00:23 | vanillarose #-URL編集 ]

Re: みとさんへ

こんばんは~☆
先ほどみとさんの日記を見てきましたよ~。キャビネットの可愛さに釘付けでした!

今回の日記は、私の貧乏症がどれだけ凄いかわかっちゃいましたね 笑。
子供のころから身の回りにあった家具から離れるのが嫌で、嫁入り道具みたいに一式持ってきちゃったんですよ。
多分机とかチェストは安物だと思うんですが、丁寧に使って、手を掛けてリペイントしてあげるといつまでも使えるのでなかなか捨てられません。
双子姫は年齢のせいもあってまだ「物を大事に」ということが良く判らないみたいですが、きちんと母の「もったいない精神」を伝えていけたら・・・と思います 笑。

私もね、服なんかは捨てられずに取ってあるものあります。
時々出して眺めて、もう自分には十分なほど手触りもデザインも刷り込まれたな、と思ったら少しだけはぎれにしたりモチーフを取ったりして捨てることにしてますよ~
で、それでパッチワークを作ってみたり、バッグなんかにモチーフを縫いつけてリメイクしてみたり。
でも、子供の頃の物を捨てられない気持ち、わかります~
・・・とは言っても、うちは母も捨て魔なので、もう実家にも子供の頃の物ってほとんどないんですが 苦笑。

家具ね、私はできれば孫までも使ってもらいたいと思っています。
みとさんもそんな感覚で一生付き合える運命の家具を探してみてくださいね~


No:75 2010/07/16 00:52 | vanillarose #-URL編集 ]

こんばんは。
素敵な思い出~☆

少しイイ物を与え、それを大切にする心がご両親から受け継がれていて…いいお話です。

今は安くて何でも手に入る時代だからこそ、物を大切にする心を育てていきたいですよね~。

お父様もDIYされるのですね。すぐに聞ける人がいるから、vanillaさんは何でもよくご存じなのでしょうか?

プラスチックのキャラ物は長い目で見て、使える期間が短いからもったいないですもんね;
小さいうちからイイ物に触れさせているのも、英才教育に繋がるかも…。

↓のジュエリーボックスもステキですぅ(*^_^*)
クラッキングの方法も教えて下さり、ありがとうございます!
小さい物から挑戦してみようかな♪


No:76 2010/07/16 22:21 | sitora #-URL編集 ]

Re: sitoraさんへ

お返事とっても遅くなってしまってごめんなさい。
またまた娘達が熱を出しまして・・・私も調子を崩してました。

貧乏症でなかなか家具が捨てられないのですが、素敵な思い出と言ってもらえて嬉しいです☆
小さい頃からずっと使っていたものなので愛着と言うか、無くてはならない物になっているんです。
両親も古い家具を捨てて新しく買い足す・・・という事をしないので、捨てるという感覚が無いのかもしれません 笑。

物を大事にする心、私も双子姫にちゃんと教えていきたいです。
でも・・・彼女達、今はなんでも破壊しまくってます 苦笑。
いつになったら物を大事にできるのやら・・・
物に限らず環境も含めて身の回りの物事に丁寧になる姿勢は、是非教えたいですよね~

そうそう、父もDIYします。実家には父作の作りつけの食器棚やキッチンの吊り戸棚があります。
最近は小さな箪笥とか、我が家のキッチンのカウンターとか、そういう家具作りに凝っている・・・
というか、必要に迫られて作っているようです。
実家は本当に家具を買わないんですね。必要ならば作る、という感じで 笑。
貧乏だから器用・・・器用貧乏なんですね 笑。
でも、私には無理だから・・と、あんまり木工の事は教えてくれません~
しかも細かい注文してもだいぶ違う物を作ってくれたりします 笑。

クラッキング、本当に簡単で思いもよらない仕上がりになったりして面白いので、ぜひ試してみてください。
ちなみに、クラッキング塗装面を保護するためには上からニス塗ってください。
sitoraさんのクラッキングリメイクも楽しみにしてます☆


No:77 2010/07/21 11:08 | vanillarose #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。